ヤマトHD/羽田クロノゲート、グッドデザイン賞受賞

2015年09月29日 

ヤマトホールディングスは9月29日、日本デザイン振興会が主催する2015年度グッドデザイン賞で、「ヤマトグループ 羽田クロノゲート」がグッドデザイン賞を受賞したと発表した。

<羽田クロノゲートの外観>
羽田クロノゲートの外観

審査委員の評価コメントでは、通常は合理主義的につくられ、周囲からも孤立しがちな物流施設だが、求められる機能性は十分に解いたうえで、さらなる付加価値を設けるべく、自然エネルギーの活用や屋上緑化を通じて、環境性能を高め、また地域の住民が利用できる体育館、保育所、カフェなどを導入した。

近代的なビルディングタイプがもつ固定概念を解体し、明るく開放的な地域貢献型の複合施設に変容している。結果的に企業のイメージを良くすることにもつながる建築のプロジェクト、と評価している。

■受賞内容
名称:ヤマトグループ 羽田クロノゲート
事業主体:ヤマトホールディングス
デザイナー:日建設計、河野信、塩浦政也

最新ニュース

物流用語集