商船三井/第一中央汽船の民事再生手続開始で特別損失250億円計上

2015年09月29日 

商船三井は9月29日、持分法適用関連会社である第一中央汽船が、取締役会で民事再生手続開始の申立てを行うことを決議し、東京地方裁判所に申立てを行ったことで、これに伴い、特別損失を計上する見込みと発表した。

商船三井は2016年3月期第2四半期連結決算で、関係会社株式評価損として特別損失約250億円を計上する見込み。

なお、2016年3月期の業績に与える影響は、現在精査中。

最新ニュース