三菱倉庫/愛知県・飛島配送センター増築部分が竣工

2015年09月16日 

三菱倉庫は9月16日、愛知県海部郡飛島村の飛島配送センター増築部分が、竣工したと発表した。

<外観>
外観

2008年から中部圏の中核物流拠点として飛島配送センターを運営しているが、同地区での物流ニーズの高まりを受けて増築部分の建設に着手し、既存部分と合わせ約4万2000m2の施設として稼動を開始した。

立地は、名古屋港のコンテナ物流拠点である飛島埠頭内の飛島ICから2分の至近に位置し、配送センター拠点として最適な場所。

太陽光発電装置(100kW)や照度・人感センサー付きLED照明装置の設置により環境負荷に配慮するとともに、免震構造の採用や受変電設備の上層階設置などにより大規模災害への対応力を高めている。

配送センター増築部分は、6月26日付けで物流総合効率化法に定める「総合効率化計画」の認定を受けている。

■概要
所在地:愛知県海部郡飛島村木場2-67-4
建物構造:鉄筋コンクリート造、5階建、免震構造
倉庫面積:約1万5000m2(既存部分との合計面積は約4万2000m2)
設備の特徴:太陽光発電(100kW)、LED照明
設計施工費:約28億円

最新ニュース