日本郵船/中部電力向けLNG船2隻の定期用船契約を締結

2015年09月09日 

日本郵船は9月9日、中部電力と共同出資する船舶保有会社が、中部電力とそれぞれ1隻ずつの新造液化天然ガス(LNG)船の定期用船契約を締結したと発表した。

船舶保有会社は川崎重工業と用船契約で使用するLNG船の建造契約をそれぞれ締結した。

新造船2隻は2018年の竣工後、日本郵船船舶管理の下、中部電力が米国テキサス州で参画するフリーポートLNGプロジェクトを中心としたLNG輸送に従事する予定で、用船契約期間はいずれも20年間。

■LNG船1隻目の概要
保有会社:Trans Pacific Shipping 6 Limited(出資比率:中部電力50%、日本郵船50%)
船籍:バハマ国
船舶管理会社:日本郵船
建造造船所:三菱重工業 長崎造船所
積載容量:約18万立方メートル
総トン数:約15万1500トン
全長:約297.5m
全幅:48.94m
主機関:STaGE (Steam Turbine and Gas Engines)
竣工時期:2018年(予定)

■LNG船2隻目の概要
保有会社:Trans Pacific Shipping 7 Limited(出資比率:中部電力50%、日本郵船50%)
船籍:バハマ国
船舶管理会社:日本郵船
建造造船所:川崎重工業 坂出造船所
積載容量:約17万7000立方メートル
総トン数:約13万7000トン
全長:約300.0m
全幅:48.90m
主機関:DFDE(Dual Fuel Diesel Electric)
竣工時期:2018年(予定)

最新ニュース

物流用語集