国交省/7月の建設工事受注動態統計調査、運輸業、郵便業が増加

2015年09月01日 

国土交通省は8月31日、7月の建設工事受注動態統計調査(大手50社調査)結果を発表した。

7月の民間工事は7221億円(前年同月比12.2%増)と、9か月連続の増加となった。

民間では、製造業は(78.7%増)、非製造業(2.8%減)。

発注者別では、製造業、運輸業、郵便業、不動産業等が増加し、サービス業、情報通信業、電気・ガス、熱供給・水道業等が減少した。

工事種類別では、建築は増加し、土木は減少した。工場・発電所、倉庫・流通施設、事務所・庁舎等が増加し、住宅、娯楽施設、宿泊施設等が減少した。

最新ニュース