日本郵船/日本初のLNG燃料タグボートを竣工

2015年09月01日 

日本郵船は8月31日、LNG(液化天然ガス)を燃料として使用可能なLNG燃料タグボートが、京浜ドック追浜工場で竣工した。

<LNG燃料タグボート>
LNG燃料タグボート

日本初のLNG燃料船で、船舶の燃料としてのLNGの有効性を検証し、LNG燃料という新たな事業分野を切りひらくフラッグシップとしての期待を背負い「魁 (さきがけ)」と命名され、同日日本郵船に引き渡された。

日本郵船からウィングマリタイムサービスに用船され、主に横浜・川崎港での作業に従事する予定。

同社は2013年3月竣工のハイブリッド・タグボート「翼」に続き、2隻目の環境配慮型タグボートを運航することになる。

重油とLNGを燃料として使用できるDual Fuelエンジンを搭載し、LNGを使用する場合、重油使用時と比較して二酸化炭素(CO2)量を約30%、窒素酸化物(NOx)を約80%、硫黄酸化物(SOx)を約100%、それぞれ削減することが可能と見込んでいる。

なお、この件は経済産業省と国土交通省の「2013~2015年度「省エネルギー型ロジスティクス等推進事業費補助金(革新的省エネルギー型海上輸送システム実証事業)」」の補助対象事業として採択され支援を受けているほか、日本海事協会からも共同研究対象事業として支援を受けている。

■タグボート「魁」 概要
全長:37.20m
全幅:10.20m
型深さ:4.40m
総トン数:272トン
主機:NIIGATA 6L28AHX-DF × 2
船主:日本郵船
船籍:日本
船級: 日本海事協会
その他: 特許を出願中・LNG受入システム・LNG気化システム

最新ニュース

物流用語集