国交省/睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル、改訂版発行

2015年08月27日 

国土交通省は8月27日、「自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル~SAS対策の必要性と活用~」を発行した。

2003年3月に策定したマニュアル「睡眠時無呼吸症候群(SAS)に注意しましょう」から10年以上が経過しながら、未だに事故後に初めて運転者のSASが発覚するというようなケースも後を絶たず、SASスクリーニング検査の実施は決して浸透したとは言い切れないことから、新たに改訂版を発行した。

マニュアル改訂版では、「SAS対策は難しい」と捉えて、なかなか検査に踏み切ることができない、検査はしたもののフォローができていない、乗務可否判断が難しいなど、事業者が感じている対応面での懸念を踏まえて、SASスクリーニング検査の実施前(準備)から実施後(フォロー・活用)までの対応について、一連の流れを具体的に示している。

■自動車運送事業者における睡眠時無呼吸症候群対策マニュアル
http://www.mlit.go.jp/common/001101506.pdf

最新ニュース

物流用語集