ヤマト運輸/シンガポールに部品物流構築

2015年08月26日 

沖縄ヤマト運輸とシンガポールヤマト運輸は、8月から沖縄パーツセンターとシンガポールヤマト運輸のパーツセンターを連携させ、総在庫量のマネジメントとシンガポール国内へのスピード配送を開始する。

東芝自動機器システムサービスの在庫パーツを沖縄、シンガポールに分散し、総在庫量のマネジメントとシンガポール国内へのスピード配送の運用を開始する。

シンガポールに在庫を保管するため、シンガポール国内へのすばやい配達が可能になる。両拠点の在庫管理の状況をシステム上で可視化できるため、過剰な在庫を持つ必要がなくなる。

沖縄からシンガポールには日々貨物便が飛んでいるため、在庫を常に補充することができ、シンガポールには必要最低限の在庫を保管するのみで、総在庫量を圧縮できる。

シンガポール国内で、メンテナンスが必要な保守パーツを迅速に届けることが可能になるため、顧客は購入時には必要最小限のパーツを購入するだけで導入が可能になり、初期コストを抑えることができるという。

ヤマトグループでは、分散在庫のコストを抑制する「クラウド型のネットワーク」の構築を進めており、2013年7月から那覇空港に隣接した沖縄パーツセンターからアジア地域へのスピード供給を開始し、国内メーカーの海外展開を支援してきた。

今回さらに在庫の一部を、シンガポール パーツセンターで保管し、出荷することで、シンガポール国内へのスピード配送を実現する。

なお、今回構築した総在庫量のマネジメントができる新たな物流ネットワークをシンガポール以外の地域にも拡大していく考えだ。

■シンガポールヤマト運輸「パーツセンター」の施設概要
所在地:61 Alexandra Terrace #05-08 Harbour Link Complex Singapore 119936
延床面積:約7万2000 square feet 庫内ロジ使用面積

最新ニュース