ヤマト運輸/LINEとシステム連携

2015年08月25日 

ヤマト運輸は8月25日、LINEが運営するフリマアプリ「LINE MALL」システム連携し、アプリ内での手続きだけで、より簡単でリーズナブルに利用できる配送サービスを開始したと発表した。

<サービスフロー図>
サービスフロー図

ヤマト運輸はLINE MALLとシステム連携により、LINE MALLでの出品から配送手配が「宅急便コンパクト」と「ネコポス」を利用すると、より簡単でリーズナブルになるサービスを提供する。

LINEが配送料金の一部を負担することで、よりリーズナブルに利用できるようになった。

売買成立後、LINEからQRコードをLINE MALLのアプリ上で出品者に発行、出品者はヤマト運輸直営店の店頭端末「ネコピット」でQRコードを読み取り、送り状を印字し、商品発送する。

商品が購入者に届いた後、出品者と購入者が互いの対応を評価、商品代金から販売手数料と送料を差し引いた金額を出品者に入金し、決済が完了する。

LINE MALLユーザーには、出品から配送手配がLINE MALL内で完結し、利便性が大きく向上する。全国一律の料金設定で、出品がスムーズに。商品代金と送料を、売買成立時に同時に決済できる。

また、小さな荷物を専用BOXで遅れる「宅急便コンパクト」と、投函サービス{ネコポス」が利用でき、幅広い配送ニーズに応える。さらに、大和運輸の直営店で送り状が印字でき、手書きの必要がない。

ヤマト運輸では、今後発送窓口を拡大し、コンビニエンスストアなどでの送り状発行と発送の受付にも対応していく予定だ。さらに、「投函完了」の配達状況をアプリ上にプッシュする機能や、住所などの個人情報を開示する必要なく、荷物が送れる匿名配送サービスなどを提供予定だ。

■サービス概要
開始日:8月24日
料金:「宅急便コンパクト」380円(税込)
「ネコポス」195円(税込)

最新ニュース