センコー/物流センター4か所、プライベートリート投資法人に214億円で譲渡

2015年08月25日 

センコーは8月25日、100%出資子会社のセンコー・アセットマネジメントが運用する、センコー・プライベートリート投資法人(リート)へ物流センターを譲渡すると同時に、当該資産の賃借を決めた。

以降、センコーでは当該リートを活用して調達した資金を設備投資に活用するなど、主力事業である物流センターの拡大・成長を積極的に進めて行く。

譲渡資産の内容は、北海道札幌市東区の札幌PDセンター2号倉庫、千葉県野田市の野田第1PDセンター、埼玉県さいたま市の浦和PDセンター、兵庫県神戸市の西神戸PDセンターの4物件で、譲渡予定価格は計214億100万円。

なお、保有する物流センターをリートに組み入れることによって、資産のオフバランス化を図り、財務の健全性を確保することなどを目的として、昨年4月にセンコー・アセットマネジメントを設立した。

センコー・アセットマネジメントは今年2月に金融商品取引業の登録を受け、不動産投資法人の運用に必要な許認可をすべて取得するなど、必要な手続きを進めてきた。

最新ニュース