日本郵船、MTI/業界初の舶用エンジン内部自動撮影装置を開発

2015年08月19日 

日本郵船とMTIは8月19日、船舶エンジンの燃焼室内部を自動撮影する装置「きらりNINJA」を開発したと発表した。

<船用エンジン>
船用エンジン

<きらりNINJA>
きらりNINJA

「きらりNINJA」は360°パノラマカメラとLED照明を装備し、光が入らない燃焼室内部での全周方向の撮影が可能。

燃焼室のピストン上部に本装置を置くだけで、ピストンの上下1往復(約10分)間に燃焼室内部全周方向の自動撮影ができる。

高温環境の燃焼室内部での作業環境を改善し、乗組員の作業負担を大幅に軽減する。

また、燃焼室内部の隅々までより詳細に把握出来ることでタイムリーなメンテナンスが可能。機関事故を未然に防ぐと共にメンテナンスコスト削減できる。

従来は、燃焼室を点検する場合、エンジンを停止し、乗組員が内部に入り、点検を行っていた。燃焼室内部は暗いために隅々まで見えづらく、高温環境での長時間作業となるため乗組員にとって大変な負担となっていた。

■映像
https://theta360.com/s/f41xbUZ4smDJX4wsFh7gNUuZg?view=embed

最新ニュース