日通/米国発メキシコ・サンルイスポトシ向け混載サービス開始

2015年08月11日 

日本通運は8月11日、米国日本通運とメキシコ日本通運が、6月22日からメキシコ中央高原エリア・サンルイスポトシ市向けに、混載輸送サービス「XB3300 Borderless Rail」、「XB3300 Borderless Truck」をそれぞれ開始したと発表した。

いずれも、2014年11月に開設した日系物流企業唯一の保税倉庫「サンルイスポトシ・ロジスティクスセンター」(SLC)を活用し、メキシコへの輸出で最大の懸案である、国境での「プレビオ」(メキシコ独特の輸入申告前貨物検査制度)を回避するサービスとなっている。

「XB3300 Borderless Rail」は、自動車関連産業の集積地であるオハイオ州マリオンから鉄道輸送を利用して、メキシコ・サンルイスポトシまで輸送する日系物流企業で初めての鉄道クロスボーダー混載サービス。

CFS間輸送日数は12~13日、従来のトラック混載サービス運賃との比較では約40%削減となる。

「XB3300 Borderless Truck」は、全米各地からメキシコ国境に近いテキサス州ラレドに荷物を集約、トラックでメキシコ・サンルイスポトシまで輸送する。

CFS間輸送日数は1日、従来のトラック混載サービス運賃との比較では約10%削減となる。

両サービスは、プレビオを国境で行わず、日通従業員立会いの下でSLC内で実施する。そのため貨物のダメージリスク、紛失リスクを低減できる。

日通施設まで保税運送が可能なため、所要時間が不安定な国境での通関を回避できる。これによりね遅延リスクを低減すると同時に、貨物の輸送・取り扱い状況を容易に把握可能となる。

米国日通が開発した鉄道・トラック輸送ポータルサイト「WEB-DTS」により、手軽に見積もり・出荷手配・輸送経歴確認・出荷管理が可能となる。

最新ニュース

物流用語集