デロイト トーマツ/海外の最適な拠点新設・再編で包括的支援サービス開始

2015年08月11日 

デロイトトーマツコンサルティング(DTC)は8月10日、グローバル展開を図る日本企業の海外拠点戦略で、最適な拠点新設・再編を実現するための包括的な支援を行う、ロケーションストラテジーサービスの提供を開始すると発表した。

<デロイトのロケーションストラテジーサービス>
デロイトのロケーションストラテジーサービス

20150811dtc2

DTCが提供するサービスは、今後グローバルに新規参入を検討している日本企業、既にグローバル展開し、拠点再編を検討する日本企業向けにも提供する。

企業が海外に拠点を新設または既存拠点の再編を行う際、「拠点戦略策定」、「拠点候補地の調査・評価」、「拠点候補地の検証・選定」、「拠点獲得準備・交渉」、「拠点戦略実行」まで一連の流れがあるが、このサービスはDTCが一元窓口となり、その全てのアプローチを一貫して実行支援するもの。

また、デロイト トーマツ グループと海外のデロイトと連携し、拠点戦略実現のために考慮すべきさまざまな視点(経営・事業戦略、製造・調達・物流、組織体制、税務等)をコンサルテーションしながら拠点戦略を実現することで、企業の経営戦略を具現化する。

<海外拠点の最適化によって得られる価値>
海外拠点の最適化によって得られる価値

このサービスにより、経営、財務、地域統括のトップが、長期視点でのグローバル経営戦略に結びつけ、戦略的な拠点配置・再編を追求することが可能。

具体的には、「ケイパビリティ強化」(市場・顧客へのアクセスの効率化、優秀人材の確保)、「コスト削減」(人件費、ロジスティックス、公共料金、インフラストラクチャー、税金、不動産)、「リスク軽減」(PEST、法務、災害対応)等の価値がもたらされる。

最新ニュース