ヨコレイ/タイに冷蔵物流センター竣工

2015年08月10日 

横浜冷凍(ヨコレイ)は8月10日、子会社のタイヨコレイが、タイのチャチューンサオ県バンパコン郡にあるバンパコン物流センター敷地内に「バンパコン第2物流センター」を新設したと発表した。

<バンパコン第2物流センター>
バンパコン第2物流センター

ヨコレイの吉川俊雄社長は「センターは最新鋭設備が整っているだけでなく、タイ国内最大規模である発電能力580kWの太陽光発電システムを導入した環境にも配慮した設計。顧客のニーズを十分満足できるものと確信している」と話した。

センターの稼働により、タイヨコレイ全体の保管収容能力は約9万6000トンとなり、タイ国内トップのシェアをさらに拡大した。

■概要
名称:バンパコン第2物流センター
所在地:59/1 Moo 12,Bangna-Trad Road,Km.45 Bangpakong,
bangpakong, Chachoengsao 24130 Thailand

構造:鉄筋コンクリート造4階建
延床面積:1万8115m2
敷地面積:2万5930m2
冷蔵収容能力:2万3153t、内F級1万8221トン、定温4932トン(0℃~20℃)
主な設備:高効率自然冷媒冷凍機、太陽光発電システム(発電能力583.1kW)、電動式移動ラック

最新ニュース

物流用語集