トナミHD/4~6月の営業利益54.6%増

2015年08月06日 

トナミホールディングスが8月6日に発表した2016年3月期第1四半期決算によると、売上高300億6000万円(前年同期比2.1%増)、営業利益12億4500万円(54.6%増)、経常利益13億7200万円(46.7%増)、当期利益9億1800万円(52.0%増)となった。

物流関連事業は、前年度での消費税増税前の駆け込み需要の反動減からの回復等により、消費財・流通小売関連の取扱量が堅調に推移したこともあり、売上高は277億4400万円(2.0%増)となった。

営業利益は引き続き貨物自動車運送事業と貨物利用運送事業・3PL事業での適正運賃・料金収受施策の推進や燃料価格の低下等により11億3000万円(63.5%増)を計上し増益となった。

通期は、売上高1264億円(3.1%増)、営業利益49億円(3.1%増)、経常利益53億円(2.9%増)、当期利益34億円(5.0%増)を見込んでいる。

最新ニュース

物流用語集