シーネット/ピッキングシステムの特許を取得

2015年08月06日 

シーネットは8月6日、物流現場の設備コスト削減と生産性向上を目的とした「物品のピッキングシステム」の特許を取得したと発表した。

デジタルピッキング装置と音声認識システムを利用し、双方の利点を活かして出荷量に合わせた最適なロケーション管理と作業方法で作業をすることにより、全体として低コストで効率のよいピッキングシステムを提供する。

デジタルピッキング用棚と一般棚を設置し、出荷量の違いにより保管する棚を分ける。出荷量の多いA品はデジタルピッキング用棚に保管し、デジタルピッキング制御装置を利用して作業を行う。出荷量が少ないBC品は一般棚に保管し、音声認識ピッキング制御装置を利用して作業を行う。

ABC品の分析は、一定期間でのピッキング数量をシステムで自動的に比較し、A品よりもピッキング数量が多いBC品があればロケーションの更新指示を出力し、ロケーションの入れ替えを行う。

常に出荷量の多い品はデジタルピッキング制御装置での作業対象となり、出荷量の少ない品は一般棚で音声認識ピッキング制御装置での作業対象となる。

特許の内容は、特許第5719137号「物品のピッキングシステム」(2015年3月27日取得)。

■物品のピッキングシステム
http://www.cross-docking.com/service/voidigi/

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集