商船三井フェリー/苫小牧沖でカーフェリー火災、乗客71名無事

2015年08月01日 

商船三井フェリーは8月1日、7月31日17時15分ごろ、カーフェリー「さんふらわあ だいせつ」が、苫小牧沖南方約55km付近の海域において車両甲板から火災が発生したと発表した。

大洗港から苫小牧港に航海中で、船内の消火設備と乗員により一次消火活動を行ったものの鎮火に至らず、船長は乗客乗員全員の退船、避難した。

その後、乗客71名全員は付近を航行中のフェリーと海上保安庁の巡視艇などに救助され、31日夜には苫小牧港に無事に上陸し、手配のホテルに到着、あるいは自宅に帰った。

乗員23名中船長を含む22名も同時に巡視艇などに救助されたが、消火活動に従事していた二等航海士は行方不明となっており、現在安否を確認中。

8月1日9時頃に海上保安庁特殊救難隊が本船に移乗し、行方不明者の船内の捜索を開始している。

同日12時現在、「さんふらわあ だいせつ」は苫小牧港沖南方約48km地点にあり、巡視艇が放水による消火活動中で、2隻のタグボートが曳航索をとっており、船体は安定し、海上への油の流出も確認していない。

■「さんふらわ あだいせつ」の要目
総トン数:11,401トン
航海速力:25ノット
全長:190m
全幅:26.4m
旅客定員:154名、
車輛搭載最大数:乗用車62台、大型トラック160台

■問合せ先
商船三井フェリー
経営企画部
TEL:03-6895-4003

最新ニュース