オリックス/大阪府枚方市に2万m2の物流施設竣工

2015年07月31日 

オリックスは7月31日、大阪府枚方市で開発を進めていたBTS型物流施設「枚方ロジスティクスセンター」が竣工したと発表した。

<枚方ロジスティクスセンターの外観>
枚方ロジスティクスセンターの外観

<内観>
内観

第二京阪道路枚方東IC、枚方学研ICから約3km、またJR片町線長尾駅より約1.5kmの工業団地内に立地。

京阪間の主要幹線道路である国道1号線からも約3kmと大阪・京都圏の配送に適し、開発地である関西圏内陸部はBCPの観点からも需要が高い立地。

敷地は1万629m2、地上5階建(倉庫部分4層)、延床面積2万398m2の施設で、竣工と同時にオーティーティーロジスティクスへの賃貸を開始している。

オリックスグループでの物流投資事業は、2003年からBTS型施設の開発を中心に開始し、2008年頃からはそれまでのノウハウの蓄積を生かし、マルチテナント型施設の開発に主軸を移した。これまでに延べ35万坪弱の開発を手掛けている。

■物件概要
名称:枚方ロジスティクスセンター
所在地:大阪府枚方市長尾谷町1-90-1
交通手段:第二京阪道路枚方東IC・枚方学研ICから約3km、JR片町線長尾駅から約1.5km、京阪本線枚方市駅から約5.5km
敷地面積:1万629.36m2
延床面積:2万398.12m2
規模・構造:鉄骨造5階建(倉庫部分4層)
その他:床荷重1.5t/m2 梁下有効高5.5m
竣工時期:2015年7月31日

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集