日本郵船/国内外79社180人が参加し、安全推進会議を開催

2015年07月29日 

日本郵船は7月29日、国内外の船主と船舶管理会社を対象に、本店と愛媛県今治市で、船舶の安全推進会議を3回にわたって開催したと発表した。

安全推進会議は、1997年7月のダイヤモンドグレース号の油流出事故を教訓として毎年7月1日から2か月間、船舶の安全運航の重要性をすべての社員が再確認する安全キャンペーン「Remember Naka-no-Se」の一環として実施している。

今年は船主と船舶管理会社延べ79社、180人が集まり、「Think, Act And Be Safe」のスローガンの下、実際に発生した衝突事故や機関関係の事故・トラブル事例を取り上げ、その再発防止対策について意見交換を行った。

中期経営計画「More Than Shipping 2018」で掲げた「きらり技術力」を活かした取り組みを紹介し、関係者に対して一層の安全運航と最適運航の達成について理解と協力を要請した。

最新ニュース

物流用語集