お盆の高速道路/渋滞予測、下り線が8月13日、上り線が8月15日

2015年07月10日 

NEXCO東日本、NEXCO中日本、NEXCO西日本、JB本四高速、日本道路交通情報センターは、8月6日~8月16日の11日間のお盆期間の高速道路での交通集中による渋滞予測をとりまとめた。

<下り線の渋滞日予測>
下り線の渋滞日予測

<上り線の渋滞日予測>
上り線の渋滞日予測

それによると、10㎞以上の渋滞が多く発生すると予測される日は、下り線が8月13日、上り線が8月15日となっている。

特に長い渋滞では、東日本では、関越自動車道下り線が8月13日9時ごろで、ピーク時渋滞長が45㎞で花園IC付近。上り線は8月15日、18時ごろで、45㎞、高坂SA付近。

中日本では、中央自動車道の下り線が8月13日06時ごろ、相模湖IC付近で35㎞、上り線は東名高速道路、8月15日17時ごろ、大和トンネル付近で40㎞。

西日本・本四では、中国自動車道の下り線が8月13日07時ごろ、宝塚東トンネル付近で35㎞、上り線は九州自動車道で8月15日18時ごろ、広川IC付近となっている。

最新ニュース