JICA/国際物流網としてトーゴ回廊の強化に無償資金協力贈与

2015年07月09日 

国際協力機構(JICA)は7月8日、トーゴ共和国政府との間で「カラ橋及びクモング橋建設計画」を対象として31億2500万円を限度とする無償資金協力の贈与契約を締結したと発表した。

<カラ橋完成予想図>
カラ橋完成予想図

<クモング橋完成予想図>
クモング橋完成予想図

カラ川とクモング川に対してそれぞれ橋梁を建設することにより、国道17号線の輸送能力を向上させ、国際物流網としてのトーゴ回廊の強化を図る。

事業の実施により、国道17号線が年間を通じて通行可能となる。また、乾期の通行時間も、現在の所要時間から70パーセント短縮する。

トーゴと国境を接するブルキナファソ、さらに内陸に位置するマリ、ニジェールとの物流の一層の円滑化が期待される。

トーゴ政府は、同国の経済発展の優先課題として、水深が深い天然の良港がある同国南端の首都ロメから同国の北部で国境を接するブルキナファソまでを繋ぐトーゴ・ロジスティックス回廊(トーゴ回廊)の整備を進めている。

トーゴ回廊は、主にロメからブルキナファソ国境までの同国を南北につなぐ国道1号線と、国道1号線上にあるトーゴ中部の都市ソコデから西側に分岐して再度国道1号線に合流する国道17号線とで構成されている。国道1号線の北部は、急曲線や急勾配の山岳道路区間が多く、円滑な交通に支障を来たしているため、その代替道路として国道17号線が重要な役割を果たしている。

しかし、国道17号線を横切るカラ川には沈下橋しか現存せず、また、クモング川には橋梁がないため、半年以上にもおよぶ雨期の期間は、車両が通行不能となっていた。

最新ニュース