エーアイテイー/3~5月の売上高1.7%減、営業利益27.3%増

2015年07月07日 

エーアイテイーが7月7日に発表した2016年2月期第1四半期の業績は、売上高50億7300万円(前年同期比1.7%減)、営業利益3億600万円(27.3%増)、経常利益3億2500万円(29.8%増)、当期利益2億100万円(42.4%増)となった。

セグメント別では、国内は、急激な円安進行が起因となり、海上輸送での取扱コンテナ本数は、輸入で3万5004TEU(17.7%減)、輸出入合計で3万6858TEU(17.1%減)と前年同期を下回った一方で、円安によりドル建ての運賃収入は増加し、取扱コンテナ本数の減少による売上高の低下要因を補う形となった。

通関受注では、海上輸送の減少が響いたものの、新規顧客や既存顧客への営業強化が奏功し、受注件数は1万3574件(3.0%減)と僅かな減少に留まった。

日本での売上高は39億7000万円(5.9%減)となったが、売上総利益率の改善効果もあり、営業利益は2億4700万円(45.6%増)となった。

中国は、日本向け貨物が低調な推移であったものの、現地での通関や配送等といった輸送に関連する収益が安定的に確保できたこと、円安に伴う現地通貨の円貨換算額が増加した結果、売上高は10億8700万円(17.0%増)となり、営業利益は、営業費用の増加により、5800万円(16.5%減)となった。

通期は、売上高244億6800万円(11.5%増)、営業利益17億4900万円(6.2%増)、経常利益17億7000万円(5.3%増)、当期利益11億3000万円(10.1%増)を見込んでいる。

最新ニュース