パナソニック/重量物の上げ下ろし時の負担軽減でアシストスーツ発売

2015年07月02日 

パナソニックは7月2日、社内ベンチャー制度で誕生したアクティブリンクが、重量物の上げ下ろし動作時の身体負担を軽減する「アシストスーツAWN-03」を9月から発売すると発表した。

<アシストスーツAWN-03>
アシストスーツAWN-03

身体に装着して使用するロボットで、体幹の動きを位置センサで検出し、動作意図に合わせて腰部のモータを回転させることで、荷役作業時の腰への負担を軽減する。

アクティブリンクでは、物流、ものづくり、建設・土木などの分野での利用を想定している。

AWN-03は、辰巳商會の協力のもと開発した機能試作機、AWN-02をベースとしており、AWN-02を用いた実証実験を通じて得られた作業現場の知見を反映している。

AWN-02のデザインを大幅に見直し、パナソニック製小型高出力モータや、炭素繊維素材を用いた樹脂ギアを採用。装着時の重量バランスの最適化とアクチュエータユニットの軽量化を両立した。

ギアに使用している新開発の炭素繊維素材は、最長で5mm程度の長さを保ったまま射出成型することで、アルミニウムに近い強度を確保しながら、従来の金属製に比べて50%の軽量化を実現している。

また、アルゴリズムの改善によりAWN-02に比べてさらにスムーズな動作を可能にした。腰部の位置センサで検出した姿勢や動きから、荷物の持ち上げを補助するモードや、上体を保持して荷物の搬送を補助するモードなど、自動で動作モードを切り替える。

使用者がスイッチなどで操作することなく、動作に追従してAWN-03の挙動モードが切り替わるため、より効率的に作業を行うことができる。

■AWN-03の主な性能
想定作業:重量物の積み下ろし作業
アシスト力:最大15kgf(モータ2個)
稼働時間:約8時間(専用リチウムイオンバッテリー1個)
アシストモード:3種類(持ち上げ、中腰姿勢保持、アシストオフ(歩行時))

■AWN-03の主な仕様
本体外寸:高さ80cm x 幅48cm x 奥行27cm
本体重量:約6kg(バッテリー、ハーネス部を除く)
モータ:AWN-03専用ハイトルクACモータ (2基装備)
バッテリー:48.1Vリチウムイオンバッテリー(保護回路付き)
稼働時間:約8時間(※1)(アクティブリンク想定作業による)
アシスト力:最大15kgf
動作環境:0~40℃
想定装着者:身長160~180cm、体重50~80kg(ハーネスは複数のサイズ展開を予定)

最新ニュース

物流用語集