川崎汽船/最新型操船シミュレータ導入、安全運航取り組み強化

2015年07月01日 

川崎汽船は7月1日、海事技術者育成システム「K-Line Maritime Academy(KLMA)」の川崎汽船研修所に、船長・航海士の訓練施設として、最新型の操船シミュレータを導入したと発表した。

<操船シミュレータとBRM訓練の様子>
操船シミュレータとBRM訓練の様子

川崎汽船が今年度から投入する14000TEU型メガコンテナ船の操船訓練に対応するなど、近年の船型の大型化への対策も取り入れている。

船舶を安全に運航し、海上における人命、貨物と環境を守る船長・航海士の教育を、より効果的に行えるようになった。

操船シミュレータの導入に合わせ、同機器を用いたBridge Resource Management(BRM) 研修のコース認証を、日本海事協会から取得した。BRM研修はSTCW条約要件の訓練で、船長・航海士に対して実施が義務付けられている訓練。

コース認証取得により、KLMAのBRM研修が、グローバルスタンダードを充たす高品質な訓練であることが証明されたとしている。

最新ニュース

物流用語集