国交省/スマートインターチェンジの新規事業化4か所

2015年06月30日 

国土交通省は6月30日、スマートインターチェンジについて、新規事業化したと発表した。

新規事業化は4か所で、県庁所在地都市の中心市街地へのアクセス向上など都市内の交通状況の改善、周辺の物流拠点から高速道路へのアクセス向上など産業振興・物流の効率化などの効果を挙げている。

スマートインターチェンジの準備段階(地方での計画検討・調整段階)で、国として必要性が確認できる箇所等について、国が調査を実施する「準備段階調査」を今年度より実施する。

準備段階調査は17か所であり、これにより、スマートインターチェンジの地方での計画的かつ効率的な準備・検討の推進が図られることが期待できるとしている。

■スマートインターチェンジ新規事業化箇所一覧表
名称:大谷
連結位置:栃木県宇都宮市
路線名:東北縦貫自動車道弘前線(鹿沼IC~宇都宮IC間)
接続形式:本線直結型

名称:三芳(フル化)
連結位置:埼玉県入間郡三芳町
路線名:関越自動車道新潟線(所沢IC~川越IC間)
接続形式:SA・PA接続型

名称:横須賀PA
連結位置:神奈川県横須賀市
路線名:横浜横須賀道路(横須賀IC~衣笠IC間)
接続形式:(上)SA・PA接続型(下)本線直結型

名称:秦野SA
連結位置:神奈川県秦野市
路線名:第二東海自動車道(伊勢原北IC~秦野IC間)
接続形式:SA・PA接続型

最新ニュース