大塚製薬/中国・天津のポカリスエット工場リニューアル

2015年06月23日 

大塚製薬は6月23日、中国北部向けのポカリスエットを製造販売している天津大塚飲料が、中国で最初に設立したポカリスエット工場をリニューアルし、6月14日から操業を開始したと発表した。

拡大する需要に対応し、約3倍の生産能力と品質の向上を実現した。

リニューアルにあたり、約3倍の生産能力と品質の向上を実現すると共に、見学者に対して水分電解質補給の大切さが伝わるよう、見学者通路を刷新した。

最新技術を用いて中国北部の気象の様子を体感できる映像や、日常生活の中での飲用シーンなどを分かりやすく説明する映像の放映、世界のポカリスエットの展開などを紹介する展示室などを新たに備え、見学者がより楽しみながら学習できる内容になったという。

■工場の概要
名称:天津大塚飲料 天津工場
所在地:中国天津経済技術開発区洞庭路165
生産品目:ポカリスエット500mlペットボトル
生産能力:最大生産能力年間2億本
工場敷地面積:約3万9623m2
建築面積:約4470m2

最新ニュース

物流用語集