ネスレ日本/アスクルに直販ビジネスの物流を委託

2015年06月18日 

ネスレ日本とアスクルは6月18日、ネスレ日本の直販ビジネスの拡大や顧客へのサービス強化のため、先進的なビジネスモデル構築に向け、物流領域で業務提携に基本合意したと発表した。

アスクルの物流子会社Bizexが新たに大阪市此花区に拠点を設け、6月22日からネスレ日本の直販ビジネス商品の一部について、受託在庫の管理や拠点運営から出荷、顧客への配送までをアスクル品質で提供する。

<ネスレ通販オンラインショップ取扱い製品例「ネスカフェ ドルチェ グスト」>
ネスレ通販オンラインショップ取扱い製品例「ネスカフェ ドルチェ グスト」

<アスクルの提供する物流サービスイメージ>
アスクルの提供する物流サービスイメージ

今後、ネスレ日本は、直販ビジネスについて、アスクルとともに、物流の最適化をはじめ、当日配送の導入の検討など、顧客サービス向上に取り組む。

アスクルは、ネスレ日本商品の荷扱いの増加や販売機会の獲得など、提携のシナジーによる新たな収益機会の創出を目指す。

なお、ネスレ日本直販ビジネスは、会員数400万人を超えるエンタテイメントサイト「ネスレアミューズ」内で展開する「ネスレ通販オンラインショップ」や「ネスレアンバサダー」を通じて、直販サービスを拡大している。

アスクルでは、メーカーと流通を最短でつなぐ最適ECモデルの実現で、顧客への新たな価値の提供を目指す。

最新ニュース