韓国日通/釜山自由貿易地域に1.8万m2の新倉庫建設

2015年06月04日 

韓国日本通運(韓国日通)は6月4日、釜山新港熊東背後団地の自由貿易地域(FTZ)に、約1万8000m2の自社新倉庫を建設すると発表した。

<自社新倉庫の完成予想図>
自社新倉庫の完成予想図

韓国国内での自社倉庫建設は初めてで、2016年2月に竣工する予定。

釜山新港熊東背後団地は、コンテナ取扱数量が世界第6位の釜山港の近接地に新たに開発されたFTZ。

韓国日通はFTZ内に新倉庫を建設し、日本から世界各地に輸出する際のマルチカントリーコンソリデーションの基地として、利便性の高い多様な物流サービスを提供する。

現在、韓国日通では、釜山の物流拠点を活用して、自動車部品のクロスドック業務とダブルライセンスによるクロスボーダー輸送、ネット通販のDC業務などを取り扱っている。

釜山港は日本から距離が近く、また多くの船会社が寄航していることから、今後さらに日本海側主要港のハブ拠点として需要が増えることが見込まれるため、FTZ内に倉庫を建設して、これらの物流ニーズに対応するもの。

また、新倉庫を活用することで、コンテナフレートステーション(CFS)業務、海外引越業務のオペレーションの効率化を図り、より一層の品質の向上に努めるという。

新倉庫の延床面積は1万8700m2で、うち約1万3600m2は高低床のプラットホームに2基の天井クレーンを装備した普通倉庫、約1100m2は10℃から25℃の温度設定が可能な定温倉庫、約1500m2mは流通加工スペース、約200m2は危険品倉庫の4つの機能からなる。

倉庫屋上には太陽光パネルを設置、施設内の照明は完全LED化し、環境面にも配慮した最新鋭の物流拠点としている。

新倉庫の建設で、韓国での倉庫は11棟、6万2313m2になる。

■釜山FTZ新倉庫概要
住所:大韓民国慶尚南道昌原市鎭海区新港6路1315-1 釜山新港熊東背後団地
構造:鉄骨・鉄筋コンクリート造 3階
敷地面積:3万3713m2
延床面積:1万8700m2
主要設備:低床・高床ホーム、オーバーヘッド型天井クレーン2基(5t、10t)、定温倉庫、危険品倉庫、非常用発電機、太陽光発電装置

最新ニュース