韓国日通/韓国・ソウルで植林活動

2015年06月02日 

韓国日本通運(韓国日通)は5月16日、韓国ソウル市内に位置するノウル・ハヌル公園で280本の植林活動を行った。

<植林活動の様子>
植林活動の様子

日通グループが本年1月から取り組む「Nippon Express’ Global CSR」の一環として韓国日通が取り組んだもの。韓国日通では、「希望を運ぶ森」と名づけ、今後も持続的に維持・管理を行い、CO2削減に取り組んでいくとしている。

この公園では、2011年から「ノウル公園市民の会」が、「ノウル公園斜面100個の森作り」と名づけた植林活動に取り組んでおり、2014年までに49団体、2万1325名が、3万7543本の木を植えた。韓国日通もその趣旨に賛同し、参加を決めたもの。

日通グループでは、本年1月から、「緑(植物)」を置く「世界共通活動」と、世界各地の現地法人が各地の実情に応じた環境保全やCO2削減に取り組む「Nippon Express’ Global CSR」を推進している。

■植林活動の概要
実施日:5月16日 9:00~13:00
場所:ソウル市麻浦区・ノウル公園 斜面生態森造成対象地
面積:本年実施地域3万m2のうち、330m2
参加者:韓国日通従業員および家族 76名

最新ニュース