川崎汽船/環境負荷低減の取り組み、動画で公開

2015年05月29日 

川崎汽船は5月29日、省エネと環境保全に向けた「DRIVE GREEN PROJECT」を進めており、その具体例を動画で公開した。

このプロジェクトは、外航海運業の運営を行っていく上での課題であるCO2排出の抑制など、環境負荷低減に関する取り組み事例のひとつとなる。

具体的には、2015年度から2017年度にかけて順次竣工予定の7500台積み大型自動車運搬船(RO-RO船)10隻のうち、現在建造中の 「DRIVE GREEN HIGHWAY」に特別な環境保全対応の装置を施すもの。

主な装置と目的は、主機水エマルジョン燃料と過給機カット装置( 窒素酸化物(NOx)排出量の削減と燃費改善を実現)、排気ガス再循環装置(EGR)の試験搭載(燃焼温度の低下を図りNOxの生成を抑制)、SOxスクラバー(海水等を用いて排ガス中の硫黄酸化物(SOx)を洗い流す脱硫装置)、太陽光発電システム( トップデッキの太陽光パネルにより車両デッキのLED照明に使用する電力を発電)となっている。

なお、「DRIVE GREEN HIGHWAY」は2016年1月末に竣工予定。建造の様子は今後アップデートし、動画のシリーズとして随時公開する予定。

最新ニュース