日本UAS産業振興協議会ほか/物流飛行ロボットつくば研究所開設

2015年05月19日 

無人航空機システム(UAS)の支援を目的とする日本UAS産業振興協議会は5月18日、茨城県の五光物流とブルーイノベーションの協力を得て、茨城県つくば市に「物流飛行ロボットつくば研究所(JUIDA 試験飛行場)」を開設した。

国内では、無人航空機を自由に飛ばせる場所が極めて限られている。とりわけ、4月22日の総理大臣官邸のドローン事件以降、国や自治体は飛行禁止地区を制定し始めた。

このため、JUIDA では、国際競争が激しい無人航空機の研究開発支援、人材育成を行うためには、全国各地に、開発機のテスト飛行や操縦者のトレーニングを行うための試験飛行場を用意することが重要と考え、JUIDAの全国第1号の試験飛行場として、幅広い分野の人々が利用できる「物流飛行ロボットつくば研究所」を開設した。

この研究所(試験飛行場)は、五光物流が社有地を提供、管理業務を担うとともに、ブルーイノベーションが運営・技術協力を行う。

■「物流飛行ロボットつくば研究所(JUIDA 試験飛行場)」の概要
所在地:茨城県つくば市和台 17-5
面積:3800m2
利用対象:1.マルチコプター開発メーカー、研究機関、2.商用マルチコプター操縦者、3.その他、JUIDA 理事会が適切と認めた個人または団体
利用条件・規約:現在、準備中

最新ニュース