野村不動産/高機能型物流施設、関西・中部で開発計画着手

2015年05月15日 

野村不動産は5月14日、物流施設事業「Landport」シリーズで、シリーズ初となる関西圏の「(仮称)Landport 高槻」と中部圏の「(仮称)Landport 小牧」での開発計画に着手したと発表した。

<「(仮称)Landport 高槻」位置図>
「(仮称)Landport 高槻」位置図

<「(仮称)Landport 高槻」詳細地図>
「(仮称)Landport 高槻」詳細地図

<「(仮称)Landport 小牧」位置図>
「(仮称)Landport 小牧」位置図

<「(仮称)Landport 小牧」詳細地図>
「(仮称)Landport 小牧」詳細地図

この2物件を皮切りに地方展開にも注力し、首都圏と併せて年間5棟の開発を目標に積極展開していくとしている。

関西圏初となる高槻市の物件は、大阪市内中心部から約20km圏に位置し、最寄りのICは名神高速道路茨木IC(約9.3km、また2019年共用開始予定の新名神高速道路高槻ICから約6.0km)となっており、関西圏でのプライムエリアに立地している。

中部圏の小牧市の物件は、名古屋市内中心部から約 15km圏に位置し、最寄りのICは東名高速道路・名神高速道路・名古屋高速小牧線の結節点である小牧IC(約4.5km)となっており、周辺地域だけでなく中部圏・北陸圏の広いエリアをカバーできる物流適地となっている。

施設計画は、両物件ともに多様なテナントニーズへ分割対応可能なマルチテナント型施設。また、施設内ワーカーへ配慮したアメニティスペースの充実を図り、環境負荷の低減とテナントのランニングコスト削減のため、倉庫内を含めた全館 LED照明を採用。その他の詳細な建物計画については、今後進めていくとしている。

野村不動産グループでは企業の物流効率化をサポートするため、立地・仕様・作業環境を追求した大規模高機能型物流施設「Landport」シリーズを2007年竣工の「Landport 厚木」以降、計7棟開発・供給してきた。

「Landport」シリーズは住宅やオフィスビル開発で長年培った「マーケット(顧客)視点」に立った施設開発に加え、約20万坪におよぶ入居テナントの意見を反映したきめ細やかな施設運営や、専門家と協力したサプライチェーン最適化の各種施策の提案などにより、高稼働を維持しているという。

首都圏で開発中の「(仮称)Landport 柏沼南Ⅰ」「(仮称)Landport 柏沼南Ⅱ」「(仮称)Landport 八王子Ⅱ」「(仮称)Landport 岩槻」の計4棟に加え、「(仮称)Landport 高槻」「(仮称)Landport 小牧」の開発計画着手をもって全国展開を本格化させ、物流効率化を通じた社会インフラ構築に貢献するとしている。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集