ヨコレイ/10~3月の冷蔵倉庫事業、売上高8.2%増

2015年05月13日 

横浜冷凍(ヨコレイ)が5月13日に発表した2015年9月期第2四半期決算によると、冷蔵倉庫事業の業績は、売上高は119億4900万円(前年同期比8.2%増)、営業利益は25億3900万円(11.2%減)の増収減益となった。

新設した4つの物流センターの減価償却費や立ち上げ時の経費等が大幅増加する中、「保管・物流拠点化」、「全国ネットワーク化」の推進に注力し、当期初の計画通りに推移した。

貨物の取扱状況は、入庫取扱量は約1万1000トンの増加(1.9%増)、出庫取扱量は約9000トンの増加(1.5%増)、平均保管在庫量は約9万6000トンの増加(6.3%増)となった。

タイ国の連結子会社タイヨコレイは、新設したワンノイ物流センター2号棟の減価償却費や立ち上げ時の経費等の増加により前期比では減益となったものの、当センターは庫腹状況がすでに満庫状態に近づきフル稼働態勢に入っている

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集