日本郵船、商船三井ほか/南米西岸に新コンテナ船サービス開始

2015年04月20日 

日本郵船、商船三井、APLは、共同でアジアからメキシコ・南米西岸を結ぶコンテナ船の新サービスAMC (Asia Mexico Colombia Express)を5月22日から開始すると発表した。

この新サービスは3社が運航する6000TEU型コンテナ船8隻でアジアからコロンビア・パナマ間を結ぶウィークリーサービス。香港とマンザニーロ間は業界最速水準の17日間と画期的なリードタイムを顧客に提供することになる。

■サービスの概要
投入船:6000TEU型8隻
頻度:56日ラウンド /ウィークリーサービス
寄港地・ローテーション:横浜(火/火)- 釜山(金/金)- 上海(土/日)- 赤湾(火/水)- 香港(水/木)-高雄(金/金)- マンザニーロ(日/月)- ラザロカルデナス(火/火)- ブエナベンチュラ(土/月)- バルボア(火/火)- ラザロカルデナス(土/日)-マンザニーロ(日/月) -横浜
サービス開始:E/B 5月22日 釜山出港船

最新ニュース