味の素冷凍食品/ポーランドに新工場稼働

2015年04月10日 

味の素冷凍食品と味の素Jawo社は4月10日、ポーランドに新工場を完工し、稼働を開始したと発表した。

<味の素 Jawo 社 新工場外観>
味の素 Jawo 社 新工場外観

新工場稼働により、冷凍餃子の生産能力は年間約300tから年間約1500tまで大幅に拡大し、今後さらに増大する需要に対応する。稼働当初は、「チキン&ベジタブルギョーザ」「ポークギョーザ」
「アップルギョーザ」の3品目を生産し、今後は生産品目も拡大していく予定。

同工場を欧州での冷凍食品の開発拠点と位置付け、商品開発室を設置し、欧州の消費者の嗜好に合わせたスピーディーな商品開発を行う。

生産・開発体制のさらなる強化により、欧州事業の売上高を、2013年度約17億円から2016年度に約40億円まで拡大することを目指す。

■味の素 Jawo 社 新工場概要
所在地:ポーランド共和国スロンスキュ州チェンストホーバ市
敷地面積:4266㎡
延床面積:3337㎡
工場建屋:地下1階、地上2階
生産能力:約1500t/年
生産ライン:1ライン
設備投資:約1400万EUR(約1億9000万円)
生産品目:「チキン&ベジタブルギョーザ」「ポークギョーザ」「アップルギョーザ」

最新ニュース