濃飛倉庫運輸/岐阜県養老町に物流センターを竣工

2015年04月07日 

濃飛倉庫運輸は4月2日、大垣総合物流センターを竣工した。

<大垣総合物流センター>
大垣総合物流センター

施設は倉庫とトラックターミナルを併設した総合物流センターで、名神高速道路大垣インターチェンジより南方約4㎞、国道258号線沿いに位置し、中部地区から関西地区まで対応可能な立地にある。

トラックを常時19台接車できるターミナルと海上コンテナを8台接車できるドックレベラーを装備した倉庫で、庇の奥行きが20mの全天候対応型施設。

今後、東海環状自動車道路西回りルートの延伸時には、名古屋港、四日市港へのアクセスもさらに向上するとしている。

■施設概要
名称:大垣総合物流センター
住所:岐阜県養老郡養老町船附字村前東562-1
建築構造:鉄骨造2階建(新耐震構造)
敷地面積:2万782.78㎡
延床面積:1万2233.48㎡
倉庫面積:6848.65㎡
ターミナル面積:1463.04㎡

最新ニュース