SBSホールディングス/音楽・映像ソフト卸の星光堂と業務・資本提携

2015年03月26日 

SBSホールディングスは3月26日、グループの日本レコードセンター(NRC)と音楽・映像ソフト卸業の星光堂の物流子会社、スリーエス・ロジスティックス(3SL)との間で、星光堂の物流業務についてNRC拠点への集約と業務委託を骨子とする物流業務委託基本契約を23日に締結したと発表した。

星光堂物流業務の移転開始は5月、移転完了は9月の予定。

SBSホールディングスは音楽・映像ソフト卸大手の星光堂との間で、2月9日に提携基本合意書を取り交わし、物流事業を中心に提携協議を進めてきていた。

提携の内容は、物流事業の効率化として、3SLが、星光堂から受託している物流業務をNRCの厚木三田DCに集約の上、同業務をNRCに委託する。倉庫統合や共同配送を進めることにより物流コストの削減とともにサービス品質の向上を図る。

3PL事業の拡大として、SBSグループと星光堂グループは、異業種商材の取り扱いの拡大に向けて、3PL事業とコールセンター事業のリソースとノウハウを有効に活用し、両事業の発展に向けお互い協力していくとしている。

資本提携として、SBSHDは、星光堂株式5000株(議決権 6.8%)を取得する予定。また、SBSHDの子会社でNRCの親会社であるSBSロジコムは、3SL株式4万5000株(議決権14.9%)を取得する予定。

■星光堂グループの概要
名称:星光堂
所在地:東京都豊島区東池袋 1-21-11
事業内容:音楽・映像ソフト卸業
資本金:7400万円
設立年月:1948年5月

名称:スリーエス・ロジスティックス
所在地: 埼玉県坂戸市千代田 5-7-20
事業内容:音楽・映像ソフト物流、コールセンター事業など
資本金:6300万円
設立年月:2006年9月

最新ニュース