ヤマト運輸/「小さな荷物」に応える2つの新商品発表

2015年03月03日 

ヤマト運輸は3月3日、「小さな荷物」の宅配に最適な、対面配達サービス「宅急便コンパクト」と、投函サービス「ネコポス」を4月1日から発売すると発表した。

「宅急便コンパクト」は、「小さな荷物」を専用BOXで手軽に送れる、宅急便。法人、個人を問わず、すべての顧客が使える。

1994年に現行の6サイズ(60~160 サイズ)となって以来、21 年ぶりに宅急便のサイズを拡充し、60サイズよりも小さな荷物を送る際に便利なサイズを用意。

セールスドライバー(SD)による集荷と直営店、さらに取扱店から送ることができ、順次、コンビニエンスストア各社の協力でコンビニ店頭での取扱いも開始する予定だ。

「専用BOX」と「専用薄型BOX」の2種類の専用BOXを利用できる。全国の直営店と取扱店で販売し、5枚以上の注文で、オフィスや自宅へ届ける。専用BOXに入るものなら、重量の制限はない。「宅急便コンパクト」の価格は、宅急便と同様に地域別の料金となっている。

「ネコポス」は、宅急便レベルの翌日配達のスピード輸送と、配達時のタイムリーな情報提供で受け取りの利便性を高めた、「小さな荷物」のポスト投函サービス。通販事業者などの法人や各種団体、個人事業主の顧客に、ヤマト運輸と契約した上で、使用できる。

SDによる集荷と直営店から発送でき、翌日配達のスピード輸送を実現。配達と同時に、今までの投函サービスにはない「投函完了メール」を、送り主側で登録した届け先のメールアドレスに配信する。在宅・不在に関わらず配達状況がタイムリーに把握でき、都合のよい時にポストから荷物を受け取れるなど、受け取る顧客の利便性が向上。

「ネコポス」は、全国どこから発送しても一律の料金。利用料金は数量などによって顧客ごとに決める。。

今後「宅急便コンパクト」は、通販事業者を中心に、「宅急便コレクト」などの付加価値の高いサービスを追加していく予定。また、取り扱い窓口についても、順次拡大を進め、個人の顧客を含めたすべての顧客の利便性向上に努めるとしている。

「ネコポス」は、フリマサイトなどとの連携を強化する。送り状を発行し荷物を発送できる窓口の拡大や、出品者の顧客と届け先が住所等の情報を交換しなくても、サイト内でのやり取りだけで配送手配ができる仕組みなど、個人間取引を今までよりも、より便利に、より安心して利用できるよう、物流面で貢献していくとしている。

■宅急便コンパクト
http://www.kuronekoyamato.co.jp/compact/index.html

■ネコポス
http://www.kuronekoyamato.co.jp/nekoposu/index.html

最新ニュース