日本政策投資銀行/GLP投資法人に対しDBJ Green Building認証を実施

2015年02月26日 

日本政策投資銀行は2月26日、GLP投資法人が所有する物流施設に対し、DBJ Green Building認証を実施したと法被用した。

認証を実施したのは、「GLP東京Ⅱ」「GLP尼崎」「GLP東京」「GLP杉戸Ⅱ」「GLP三郷Ⅱ」「GLP舞洲Ⅱ」「GLP仙台」「GLP小牧」「GLP郡山Ⅲ」の計9物件。

認証で評価したのが、LED照明や消灯制御システム等、省エネ性能の高い設備の導入に加え、エネルギー使用量の共有等によるテナント啓発活動を実施することでエネルギー効率に優れた施設運営を実施している点。

テナント従業員向けにリフレッシュスペースや売店等を設けるほか、顧客満足度調査も実施することで、テナントの快適性を高める取り組みを不断に行っている点。

「GLP東京Ⅱ」「GLP尼崎」では、大規模な太陽光発電システムや風力発電システムの導入など環境に配慮した取り組みがなされているほか、非常時に備え、予備電源の設置や非常用品備蓄等の防災対策も実施することで、自然環境と安全性に強く配慮した施設運営を実施している点を評価している。

その結果、「GLP東京Ⅱ」「GLP尼崎」については「国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされた物流施設」として、「GLP東京」「GLP杉戸Ⅱ」「GLP三郷Ⅱ」「GLP舞洲Ⅱ」「GLP仙台」「GLP小牧」については「極めて優れた「環境・社会への配慮」がなされた物流施設」として、また「GLP郡山Ⅲ」については「非常に優れた「環境・社会への配慮」がなされた物流施設」として、それぞれ認証を付与した。

最新ニュース