日立システムズ/倉庫など多拠点型施設用クラウド型遠隔統合監視を構築

2015年02月26日 

日立システムズと米国のソフトウェア企業の日本法人OSIsoft ジャパンは2月26日、小規模・多拠点型施設向けの監視サービスの分野で協業を開始すると発表した。

<クラウド型遠隔統合監視基盤を活用したサポートサービスの概要図>
クラウド型遠隔統合監視基盤を活用したサポートサービスの概要図

日立システムズは独自のクラウド技術により自社のデータセンターに「PI System」を活用したマルチテナント型のクラウド型遠隔統合監視基盤を構築し、小規模・多拠点型施設向けのサポートサービスを拡充する。

店舗・オフィス・倉庫のような小規模・多拠点型施設、データセンターや植物工場のような設備・ITが複雑に融合した施設などのサポートサービスを迅速かつ効率的に導入することが可能となる。

日立システムズは、今回構築したクラウド型遠隔統合監視基盤と、情報システム構築、ネットワーク構築、コンタクトセンター、サービス拠点によるオンサイトサポートなど自社の関連サービスを活用し、設備・IT向けトータルサポートサービスを提供し、2016年度末までに累計15億円の販売をめざす。

■問い合わせ
日立システムズ
問い合わせ
TEL:0120-346-401(受付時間:9時~17時/土・日・祝日は除く)

最新ニュース

物流用語集