プロロジス/千葉県成田市にマルチテナント型物流施設竣工

2015年02月12日 

プロロジスは2月12日、千葉県成田市でマルチテナント型施設「プロロジスパーク成田1-D」を竣工したと発表した。

<プロロジスパーク成田1全体像。敷地手前の施設がプロロジスパーク成田1-D>
プロロジスパーク成田1全体像。敷地手前の施設がプロロジスパーク成田1-D

プロロジスパーク成田1-Dは、最大3区画に分割できる2階建てのマルチテナント型施設。1階に高床式バースを備え、内部には垂直搬送機と荷物用エレベーターを設置した作業効率の良い仕様としている。

24時間体制の操業も可能で、航空貨物だけでなく、海上貨物にも対応できる。敷地内には、トラック待機場、トラック用駐車場、トラック洗車場、緑に囲まれた休憩スペース、喫煙所、コンビニエンスストアが設けられている。

緊急地震速報システムや衛星電話等を備え、災害時・停電時に荷物用エレベーター、垂直搬送機が使用困難に陥った場合に使用する非常用搬出入用開口を設置している。

加えて、停電時にも建物管理機能を維持するための発電機を用意。井戸水利用の設備を整え、通常時は植栽への散水に利用し、非常時には雑俳水としても利用可能である。

さらに、施設共用部事務所部分にはLED照明を採用し、屋上には1.1MWの大規模太陽光発電システムを導入する。

施設はプロロジスが一体開発を進めてきた「プロロジスパーク成田1」プロジェクトの最終区画の開発物件で、「プロロジスパーク成田1-A、B、C、D」の全4棟の施設からなる物流拠点として「プロロジスパーク成田1」が完結する。

プロロジスパーク成田1-Dは、成田空港第6ゲートから約3.5㎞と近く、新空港自動車道新空港ICから約8.1㎞、東関東自動車道富里ICから約7.2㎞の地点に位置する。

5月までに、圏央道の神崎インターチェンジと大栄ジャンクションがつながることにより、常磐方面へのアクセスも向上する。これにより、首都圏のみならず関東全域をカバーできる拠点となり、一層の利便性が期待できる。

■概要
名称:プロロジスパーク成田1-D
所在地:千葉県成田市南三里塚
敷地面積:プロロジスパーク成田1全体:9万9864.82㎡
     プロロジスパーク成田1-Dのみ:2万3871.15㎡
延床面積:2万8506.30㎡
構造:S造地上2階建
着工:2014年4月
竣工:2015年2月

最新ニュース