日通/ロシア・中央アジア向け新輸送サービス開始

2015年02月06日 

日本通運は2月6日、ラトビア国のリガ港軽油のロシアと中央アジア向け一貫輸送サービスを1月から開始したと発表した。

<リガ港経由の一貫輸送サービス概念図>
リガ港経由の一貫輸送サービス概念図

<リガ・ユニバーサル・ターミナル(RUT)>
リガ・ユニバーサル・ターミナル(RUT)

ロシアと中央アジアへの陸揚げ港として長い歴史を有するリガ港では、日通の出資するPortek社が、リガ・ユニバーサル・ターミナル(RUT)を運営し、柔軟で高品質のサービスを提供している。

RUTを利用したトライアル輸送を実施し、従来のサンクトペテルブルク港を経由する輸送サービスと比べて、約5%のコストダウンと4日~5日間の輸送日数短縮が可能となることが確認されたことから、Portek社、欧州日通、南アジア・オセアニア日通の協同で、同ターミナルを利用した一貫輸送サービスを開発したもの。

リガ港経由のメリットとして、モスクワ以南地域への競争力ある運賃・港湾保管料と輸送日数の短縮、不凍港のため、冬季でも安定したスケジュールを確保できるるまた、港湾混雑が少なく、電子システムによるスピーディーな保税転送サービスを提供、Portek社による柔軟で高品質のサービスを提供を挙げている。

■Portek社概要
名称:Portek International Pte.Ltd.
所在地:シンガポール
設立:1988年
資本構成:三井物産90%、日本通運10%
事業内容:コンテナターミナルと多目的港湾運営業務

最新ニュース

物流用語集