プラス/中学校と物流センターをネットでつなぎ、物流について授業

2015年02月04日 

プラスの社内カンパニージョインテックスカンパニーは、宮城県亘理郡山元町の山下中学校1年生77名を対象に1月28日、キャリア教育を目的に「物流の仕事」について学ぶ遠隔授業を開催した。

<遠隔授業風景(1月28日、山下中学校)>
遠隔授業風景(1月28日、山下中学校)

教室とジョインテックス東北物流センター(宮城県岩沼市)をWEB会議サービスでつなぎ、映像による施設紹介やリアルタイムの質疑応答などを実施した。

授業では、Web会議サービス「V-CUBE」を活用し、教室とプラスの物流センター双方に、PCとマイク・スピーカー、Webカメラをセット。東北物流センターの概略と仕事の説明に続き、画像を流しながら東北物流センターの最新物流システムを紹介した。

リアルタイムの質疑応答では、「宮城から北海道への配送費はいくら位かかるか」等、教室内の生徒から物流センターで働く人に質問をしてもらい、双方向で真剣な質疑応答が10分ほど行われた。物流センターから出された質問に答えるクイズタイムやプラスの人気文具製品の紹介タイムでは、教室内が大いに盛り上がったという。

授業後、生徒からは、「Web会議サービスのことは知りませんでしたが、この利用で物流センターのことが良く理解できました。私達のもとに商品が届くまでには、たくさんの苦労があるんだなと思いました」(女子)、「初めて見るWeb会議サービスは、とてもおもしろく、話に集中でき興味を持って聞くことができました」(男子)など、「勉強になった」「楽しかった」「感謝の気持ちで商品を大切に扱いたい」といった感想があがった。

最新ニュース