商船三井/パプアニューギニアLNGプロジェクト向け新造LNG船竣工

2015年02月02日 

商船三井は2月2日、LNG船「PAPUA」が1月30日、上海の滬東中華造船(Hudong社)で竣工したと発表した。

<LNG船「PAPUA」>
LNG船「PAPUA」

<命名式でのPAPUA>
命名式でのPAPUA

2010年3月と2011年1月に発表したExxonMobilプロジェクト(PNG LNGプロジェクト及び豪州ゴーゴンLNGプロジェクト)「新造LNG船4隻をHudong社に発注」の第一船で、PNG LNGプロジェクトへ長期貸船契約に基づき投入する。

プロジェクトは海外船社として初めて中国の造船所を起用したことに加え、中国の大手エネルギー会社である中国石油化工(「SINOPEC社」)向けLNG輸送であること、中国の大手船主である中国海運総公司(「China Shipping社」)とSINOPEC社との共有であることなど、多方面で中国に深く根ざしたものとなっている。

プロジェクトで築き上げた中国側パートナーとの信頼関係を背景に2013年4月より参画しているSINOPEC社向け6隻の新造LNG船プロジェクトも現在進行中であり、Hudong社で建造を進めている。

なお、商船三井は中期経営計画「STEER FOR 2020」で掲げる「変革を通じた確かな成長」の実現に向け、長期安定利益に寄与するビジネスへの経営資源の投入を進めており、現在66隻のLNG船隊を中国プロジェクト向けの10隻を含め2020年には120隻まで拡大することを将来像としている。

米国シェール革命を背景に今後大きな成長が見込まれるLNG輸送分野では、北米プロジェクトなどの新規契約獲得を着実に積み重ねている。加えて、昨年12月にはLNG船とLPG船双方での豊富な経験・ノウハウを生かし世界初となる大型エタン専用船による輸送事業への参画も果たしている。

■PAPUA概要
全長:290.0m
全幅:46.95m
満載喫水:11.50m
LNGタンク:メンブレン型
貨物タンク容量:17万1800立方m
主機関:低速ディーゼルエンジン+再液化装置
航海速力:19.5ノット
建造造船所:滬東中華造船(集団)
(Hudong-Zhonghua Shipbuilding (Group) Co., Ltd
船舶管理会社:商船三井
保有比率:商船三井70%、ECLSI社(China Shipping社、SINOPEC社出資の合弁会社)30%

最新ニュース