インフォアジャパン/製造業向けクラウドERP、日本市場で提供開始

2015年01月13日 

インフォアジャパンは1月13日、製造業向けERPスイート「Infor CloudSuite Industrial」を日本市場で提供開始すると発表した。

<尾羽沢功社長>
尾羽沢功社長

Infor CloudSuite Industrialは、インフォアの提供するクラウドアプリケーション群「Infor Cloudsuite」での、複数のアプリケーションを業界別に統合し、深い専門知識に基づいた使いやすい
機能をクラウド上で提供する「ソリューションスイート」の日本市場向けに展開する第二弾であり、製造企業向けのSaaS型クラウドERP。

尾羽沢功社長は「Infor CloudSuite IndustrialをはじめとするクラウドERPを提供することで、2015年度から2016年度にかけて全売上でのクラウド関連の売上を25%とすることを目標としている。これは達成可能な状況になりつつある。Infor CloudSuite Industrialは、主に国内の各拠点への導入、さらには新たに海外拠点設立を考えている日本の製造業をターゲットに2年後までに100社への導入を目標とする」と述べた。

Infor CloudSuite Industrialは、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上で展開し、IT初期投資を大幅に削減できるサブスクリプションモデルで提供。部品サプライヤーや生産機械メーカーなどの組立製造業で必要とされる、会計業務からマルチモード生産管理やAPS、物流管理、分析に至るまで、全ての業務を網羅するアプリケーション一式を提供する。

Infor CloudSuite Industrialの利用によりサプライヤーから顧客に至るまでの全ての関係者の透明性の高いシステムを構築でき、
サプライチェーンをグローバルレベルで可視化できる。

さらに、売上管理やスケジューリング、顧客情報等をリアルタイムに共有化でき、関係者間の連携を強化し、より効率的な作業を可能とする。

Infor CloudSuite Industrialの価格は、1ユーザーあたり月額約1万5000円(税別)で提供する。

■Infor CloudSuite Industrialの主要機能
計画:MPS、MRP、DRP、APS(有限・無限負荷・工程同期計算)、工程スケジューラ
製造:個別製造、量産、プロジェクト、繰返、カンバン、工程実績管理、資材出庫管理
物流:受注、発注、三者間売買、VMI(預託売買)、拠点・倉庫間移動、支給管理
会計:売掛、買掛、総勘定元帳、多通貨、エクセル帳票アドイン(MSエクセル)
情報:KPI(ワークベンチ)、汎用データクエリ、イベント・ワークフロー、警告メール通知

関連キーワード:

最新ニュース