日通/エボラ出血熱感染地域へ個人防護服を輸送

2015年01月13日 

日本通運は1月13日、国際協力機構(JICA)が実施する西アフリカ、エボラ出血熱感染地域への支援物資輸送で、日本からドバイまでの航空輸送を昨年12月に行ったと発表した。

日通は約68万セットについて、日本での検品・梱包作業からドバイまでの航空輸送を担当した。

到着地では、現地法人の中東日通が荷受・保管業務を担い、発着での一貫した輸送体制に参加した。

なお、西アフリカでのエボラ出血熱の流行で、世界各国から国際的な支援がさまざまな形で行われ、国際協力機構(JICA)は、リベリア、シエラレオネ、ギニア、マリからの要請に応じ、東京都から提供のあった個人防護具約72万セットの供与を行っている。

最新ニュース

物流用語集