日立ソリューションズ/自動車部品製造業サプライチェーン事例セミナー

2015年01月07日 

日立ソリューションズは2月6日、自動車部品製造業向けにセミナーを開催する。

世界を相手に勝ち抜くために不可欠な「製品開発力」「営業力」「コスト競争力」の強化と「需給バランス」最適化をテーマに、業務改革の事例を紹介する。

特別講演には日経Automotive Technology元編集長・鶴原吉郎氏が登壇。10年後も生き残る自動車部品メーカーの条件について講演する。

■開催概要
日時:2月6日(金)13:30~17:00
会場:JR品川イーストビル20Fセミナールーム(品川駅直結)
対象:自動車部品製造業(経営企画、情報システム、生産技術・生産管理・原価部門管理者)
参加費:無料(事前登録制)
特典:条件を満たした方に鶴原氏共著日経BP社「自動運転」を贈呈

■詳細・申し込み
http://www.hitachi-solutions.co.jp/events/2015/autoparts/

■プログラム
13:30~事例
競合他社を引き離す『製品開発力・営業力強化』実現法
~営業活動と製品開発のプロセス統合で成功したA社の事例~
日立製作所
社会イノベーション・プロジェクト本部
ソリューション・ビジネス推進本部
主任技師 水野 靖之

14:30~事例
世界に勝てる『コストマネージメント』の実際
~上流から実施した勝てるコストの作り込みと、着実な生産管理の成功事例~
世界に勝てるコストを作り込むには、量産開始前の生産準備段階で、「いかにして精緻で実現的な勝てるコストを作り込めるか」、「実際のものづくり段階で、どのようにマネージメントしていくか」が重要な鍵となります。本講演では、上記の課題解決に取り組まれた自動車部品製造業B社事例を中心に、改革へのアプローチや工夫点などを説明する。
日立ソリューションズ
産業・流通ソリューション事業部
産業・流通サービス本部
主任技師 福手 健二

15:00~
市場変化に即応する『需給バランス最適化』戦略
~サプライチェーンマネジメントの要、需給調整の高度化~
「サプライチェーンを停滞や余剰なく、コスト面も含め最適化できるか」という課題に対し、従来のアプローチでは、その構成要素の多さから「勘と経験」に頼ったものになりがちでした。本講演では”見える”をさらに進化させ、”分かる””手がうてる”を実現させた、自動車製造業C社様の部品在庫最適化事例や、グローバル需給調整の実現を目指す自動車部品製造業D社事例をデモンストレーションをまじえてご紹介いたします。
日立ソリューションズ東日本
第二ソリューション事業統括本部
パッケージビジネス推進本部
本部長 内海 由博

16:00~17:00
特別講演
『10年後も生き残る自動車部品メーカーの条件』
オートインサイト
代表 鶴原 吉郎氏

■問い合わせ
日立ソリューションズ
産業・流通営業本部
担当:矢野
TEL:03-3763-4790
hs-autoparts@mla.hitachi-solutions.com

最新ニュース

物流用語集