アルフレッサHD/岡山に配送センター竣工

2015年01月05日 

アルフレッサホールディングスは1月5日、子会社のアルフレッサファーマが、新しく岡山配送センターを竣工したと発表した。

<竣工した岡山配送センター>
竣工した岡山配送センター

岡山配送センターは、岡山製薬工場内に医薬品と体外診断用医薬品の物流機能の向上を目指して建設したもので、2階建て、延べ床面積4800㎡。投資額は8億9000万円。

岡山製薬工場の製剤棟と包装棟と直結し、原材料の入荷から製品の最終出荷までの一貫ラインを構築している。

自家発電装置などの導入により、停電時においても製品の安定供給に対応し、品質の向上と物流業務の高度化を実現した。

■施設の概要
名称:岡山配送センター
所在地:岡山県勝田郡勝央町太平台18番地(岡山製薬工場 敷地内)
構造:鉄骨造2階建て
敷地面積:2739.40㎡
延床面積:4782.58㎡
保管能力:2979パレット

最新ニュース