シモハナ物流/5温度帯対応センター建設

2014年12月25日 

シモハナ物流は来年6月、中部エリアでは初となる5温度帯対応の物流センター「一宮第二センター」をオープンする。

<一宮第二センター完成イメージ>
一宮第二センター完成イメージ

愛知県一宮市の一宮第一センターに隣接し、東海北陸自動車道尾西ICへ4km、東海北陸自動車道一宮西ICへ6kmの交通利便性が高い。

中部エリアを統括する拠点として、関西エリアから関東エリアの物流ネットワークを強化する。

多種多様の食品を取り扱う外食チェーン・コンビニエンスストア・スーパーマーケット・ディスカウントストア業界で、幅広い食品商材を取り扱ってきたシモハナ物流の高い技術とノウハウは好評を得ており、中部エリアを中心とした「一宮第二センター」の稼働により「関西エリアから関東へ」「関東エリアから関西へ」といった顧客事業の販売強化や事業拡充の発展に寄与する、としている。

■概要
名称:一宮第二センター
所在地:愛知県一宮市奥町風田40-1
交通アクセス:東海北陸自動車道 尾西ICより4km
総延床面積:2502坪
冷凍庫:686坪
超冷凍庫:28坪
冷蔵庫:829坪
パーシャル庫:29坪
常温庫:705坪
事務所他:73坪

最新ニュース