インフォアジャパン/主要ERPをアマゾン ウェブ サービスで提供

2014年12月25日 

インフォアジャパンは12月25日、Infor LN/Infor M3/Infor SyteLineをアマゾン ウェブ サービス (AWS)のクラウド上で提供開始すると発表した。

これに伴い、既存のオンプレミスのERPを今回提供開始するクラウドERPへと移行する「Infor UpgradeX」プログラムの提供を開始する。

12月19日に自動車業界向けサービスを先行して提供開始した業種特化のSaaS型クラウドERP「ソリューションスイート」に加えて、今回主要ERPのクラウド版の提供と、オンプレミスからクラウドへと移行するInfor UpgradeXを提供開始した。

オンプレミスとクラウドでそれぞれ異なる製品を提供する多くのベンダーとは違い、企業のさまざまなニーズに応えるクラウドERPを実現する。

Infor UpgradeXにより、インフォアの業種別機能に強みを持つ各オンプレミスのERPの資産を直接クラウド上に移行し、システムの保有コストを削減や、サービス中断時間の短縮によるディザスタリカバリを実現する。

クラウド版の各ERPは最新のInfor 10xバージョンに対応しているため、企業はこれまでの独自のカスタマイズをしたシステムに代わり、最新の業種別の機能や分析機能を即座に利用できる。またクラウド版の各ERPは、予算計画が容易に立てられるサブスクリプションモデルで提供する。

■新たに提供開始するクラウドERP
Infor CloudSuite LN…Infor UpgradeXによりInfor LN(旧製品名:Baan)から移行可能

Infor CloudSuite M3…Infor UpgradeXによりInfor M3(旧製品名:Movex)から移行可能

Infor CloudSuite SyteLine…Infor UpgradeXによりInfor SyteLineから移行可能

なお、各ERPは1ユーザーあたり最低価格月々約1万3000円(税別)から提供(利用製品・利用ユーザー数によって価格は変動)する。

関連キーワード:

最新ニュース

物流用語集